製品ラインナップ:トンネルオーブン

コンパクトタイプのトンネルオーブン  ピッコロトンネル

コンパクトタイプのトンネルオーブン  ピッコロトンネル

  • 小さいけれど大活躍
  • お店などで見せれるかわいいトンネルオーブン!
  • 6取り天板がそのまま使える!
  • 3ゾーン温度調整で品質向上!
  • コンパクトタイプのトンネルオーブン  ピッコロトンネル
    図面拡大
電気容量 3P 200V/ 25Kw
(ヒーター容量24kw)
排気 自然排気(□75ダンパー 3ヶ所)
温度調節 全自動6区分 変速 インバータ変速 1:10(5分~50分)
上火 入口、中央、出口・・・電気 操作盤 タッチパネル操作盤
下火 入口、中央、出口・・・電気 その他 覗窓、照明灯 各2ヶ所・終了タイマー付
キャタピラ ダイナミック式PAT
2.3t × 450W×75L
   

自動で最適な焼き上がりを実現するトンネルオーブン

高品質な食品機械・製菓機械・食品機械などの製造を得意とするAICHIの製品のなかから、「トンネルオーブン」についてご紹介します。

トンネルオーブンとは、セットした生地を自動で加熱するトンネル状の炉(窯)のこと。
ベルトコンベアーにセットした生地を正確に温度調節された炉のなかへ通すことで、効率的に最適な焼き上がりを実現します。

[画像]トンネルオーブン

トンネルオーブンの特長

誤差±1℃。正確な温度調節機能

1本のバーナーに1台の低圧小型燃焼ブロワーをセットした、新燃焼システムによる温度コントロール方式を採用。
温度調節を高圧ブロワーと強制排気に頼り、温度がらざるを得なかった従来のトンネルオーブンとは異なり、温度調節精度±1℃を実現しています。

ブロワー騒音ゼロ

80W燃焼用小型シロッコファンを採用することで、ブロワー(送風機)からの騒音を完全に解消。
最大風圧16.5mm/H2O、最大風量1.9m3/分と十分なエアー量を供給しながら、不快に感じるブロワー音をシャットアウトしました。

燃費を抑える工夫

従来のトンネルオーブンでは無駄に放出していた燃焼排気熱を、オーブン内で有効活用。
さらに余った排気だけを外部へ放出する自然排気構造です。
また、外板内側に発泡コンクリートを密着させることで、高温空気による熱伝導を防止しています。

おいしさの秘密は湿熱焼成の効果

焼き上げている途中に生地から発生する水分は、クッキーやサブレなどの乾燥製品の火通りをよくし、サクッとした食感や風味を出すために不可欠な存在です。
「高圧ブロワーによるエアーの過剰供給」と「強制排気」を採用しないことで、その水分を保ってオーブン内の湿熱状態を維持しています。

より使いやすく、よりわかりやすく

バーナーの点火・消火は押ボタンのワンタッチ操作。搭載したグラフィックパネルにより、誰でも簡単に温度調節・温度管理が行えます。

圧迫感のないスタイル

オーブンの天井には操作盤だけ、という「本体R構造」を採用。
衛生面、採光、安全性を考慮した設計です。
また、2トーンの塗装によってデザイン性も追求。大型機械ながら圧迫感を感じさせないスタイルです。

PICK UP 自然排気と強制排気の違い

トンネルオーブンに採用している自然排気は、電気やガスのエネルギーを使わずに排気を行う方法です。
電気やガスのエネルギーを使う強制排気型のガスオーブンと比べてエネルギー効率が高く、ランニングコストの削減が可能。環境に配慮した設計になっています。

自然排気の特徴 強制排気の特徴
  • 水分をできるだけ炉内にとどめる
→優れた焼き上がり
  • 多量の水分を炉外へ放出
→品質の低下
  • 燃焼排気熱の有効活用
→最小限の熱ロスで低燃費
  • 燃焼排気熱の放出
→大きな熱ロスで燃料コスト増加
  • 新燃焼システムの採用
→正確かつ安定した温度管理
  • 従来の燃焼システムの採用
→温度を正確に維持・管理できない

機械の仕様変更にも柔軟に対応

昭和6年(1931年)創業のAICHIでは、コストを抑えて受注生産しているため、ご要望に応じてオーブンの幅や長さなどを柔軟に調整することができます。
「こんなことできる?」というご相談も喜んで承りますので、お気軽にお問い合わせください。

AICHIへのお問い合わせはこちら

ページの先頭へ戻る